木造軸組工法(在来工法)

木造軸組工法(在来工法)は、柱、梁と呼ばれる材料で組み上げていく事を基本とした軸組による工法で、日本で最も採用されている伝統的な工法です。

昔の建て方に加え、現在では筋交いと呼ばれる斜めの材料を入れ、柱や梁の接合部に金物を使用することで高い強度を実現しています。

平内建築の家づくり