長期優良住宅

長期優良住宅とは、長期にわたり良好な状態に保つための様々な基準をクリアした住宅のことをいいます。また、長期優良住宅は新築時に長く良い状態を保てるつくりであるだけではなく、住宅のメンテナンスがしやすいことも重要なポイントです。

 

長期有料住宅は平成21年(2009年)6月に施行された「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」に基づいている制度であり、住宅が長く良好な状態を維持できるだけでなく、減税などのメリットもあります。

 

この制度を受けるには、着工前に所管行政庁より認可を受ける必要があります。

平内建築では長期優良住宅の制度を利用した住宅の建築も行っております。この制度をご利用したい方やご興味がある方は、お気軽にご相談下さい。

長期優良住宅のメリット

ここでは、長期優良住宅として認可を受けるメリットをご紹介します。

1.長期にわたって良好な状態が続く住宅が使用できる

1つ目は長期優良住宅は着工前に、基準を満たした建物プランを作成し、建築するのため、長期にわたって良好な状態の住宅を使う事で出来ます。長期優良住宅には以下の10項目の認定基準を満たす必要があります。

 

■ 耐久性

■ 耐震性

■ 維持管理・更新の容易性

■ 可変性(共同住宅の場合)

■ バリアフリー性

■ 省エネルギー性

■ 住戸面積

■ 居住面積

■ 維持保全の方法

■ 資金計画

 

これらの項目に設けられた基準に全てクリアすることではじめて長期優良住宅として認可されます。このように、長期優良住宅は長く使用する事をしっかりと考えられたつくりになっているため、長期的に良好な状態が保たれていきます。

2.減税の対象になる

長期優良住宅として認可されれば以下の項目が減税の対象になります。

■ 所得税の住宅ローン控除

■ 所得税の投資型減税

■ 登録免許税

■ 不動産取得税

■ 固定資産税

平内建築の家づくり